ドローンQ&A

ドローン申請のQ&A

Q.1 ドローンを飛ばすにあたって、「許可」が必要な場合を教えていただけますか?

「許可」が必要な場合は、下記の飛行禁止空域を飛行させる場合です。

  1. 地表、または水面から150m以上の高さ
  2. 空港周辺(東京・成田・中部・関空では、概ね24㎞以内、それ以外は概ね6㎞以内)
    *空港にはヘリポート、自衛隊の基地等が含まれます。
  3. 人口密集地区上空
    *航空局のHPでご確認いただけます。

*場所によっては、事前に警察や自治体の許可が必要になる場合もあります。詳細はお尋ねください。

Q.2 ドローンを飛ばすにあたって、「承認」が 必要な場合を教えていただけますか?

  1. 夜間飛行の場合(日没後から日の出前まで)
  2. 目視外飛行(肉眼で直接常時監視できない)場合
  3. 人や物から30m以上の距離が取れない場合
  4. イベント上空を飛行させる場合
  5. 危険物を輸送する場合
  6. 物を投下する場合
     *水や農薬等の液体や霧状のものも含まれます。

*場所によっては、事前に警察や自治体の許可が必要になる場合もあります。詳細はお尋ねください。

Q3 人口密集地区の中でも、人がいないような河川敷や農地や学校の校庭などで飛行させる場合も、許可は必要ですか?

はい。誤って人や物件に危害をおよぼす可能性があるので許可が必要です。

Q4 同じ場所を何度も飛行させる必要があるのですが、その度に申請をしなければいけないでしょうか?

一定期間に同じ場所を何度も飛行させたり、複数箇所で飛行させることがわかっている場合は、1度の申請(包括申請)で大丈夫です。

Q5 飛行させたいと思っている日に天候が悪くなった場合のことを考えて、日付を特定しないで申請することはできますか?

はい。原則、3ヶ月まででしたら幅を持たせて申請することができます。

Q6 どれくらい前までに申請すればいいですか?

飛行開始予定日の土日祝日を除く10日前までに申請してください。
ただし、これは、申請書や添付書類に全く不備がない場合に要する日数です。申請受付窓口も混みあっておりますので、できるだけ3~4週間前くらいまでには申請くださるようお願いします。

Q7 許可要件(例えば人口密集地区上空の飛行)と承認要件(例えば夜間飛行)など同じ飛行に付き複数の許可や承認が必要な場合は、それぞれ申請しなければいけませんか?

いいえ、一度の申請(一括申請)で大丈夫です。

Q8 ドローンを飛行させるのに年齢制限はありますか?

現段階では年齢制限はありません。ただし、子供が飛行させる場合でも法令遵守は必須であり、保護者の方が付き添って安全に飛行させるようにして下さい。

Q9 ドローンで撮影した映像をインターネットの動画サイトに投稿する場合、どんなことに注意をすればいいですか?

プライバシーの侵害にならないように細心の注を払ってください。
具体的には、住宅地にカメラを向けないこと、万一、顔やナンバープレートが移ってしまった場合は削除するかぼかしを入れるなどする、もしくは、前もって同意を得るなどです。それから、第三者の土地上空で飛行させることは所有権の侵害になる可能性があるので、所有者の許可を取るかそこを避けて飛行してください。

ドローン飛行申請のご相談は初回無料相談の名古屋市のシャローム行政書士事務所へ

今すぐ電話でご相談を!