ドローン許可申請は、名古屋市のシャローム行政書士事務所

HOME

東海3県のドローン許可申請はお任せ下さい。

シャローム行政書士事務所では私、浅井博子がドローン許可、承認申請の手続きを行います。
女性行政書士ならではのソフトな対応、心落ち着く打合せを心がけています。
もし、行政書士に相談するのは敷居が高いと感じたら、私が対応しますので安心です。

ドローン申請でお困りなら、今すぐシャローム行政書士事務所へ

01

どうやって申請して良いかわからないので、話だけ聞きたい。

「知り合いからドローン申請ぐらい簡単だよ、俺は自分でやったよ」と言われたので、自分でやってみたいけど、なんだか難しそう。だから話だけ聞きたい。そんな方もいらっしゃると思います。そのお悩み、シャローム行政書士事務所では初回無料相談(回答できる範囲に制限有り)もしくは有料相談でお応えしています。まずはお電話頂き、後日面談等で回答いたします。

02

依頼したいけど、誰に依頼して良いか迷っている。

ドローン申請を代行してくれる行政書士さんは、まだまだ少ないです。見積もりをお願いしたけど、「うちはドローン申請やってないんだよね」と言われてしまった。電話をするたび固い行政書士さんばかり。そんなあなたの不安はよーくわかります。だからこそ、女性行政書士ならではのソフトな対応で、誰に依頼して良いか迷っているを解決します。

03

忙しくて、時間を節約したいから依頼したい。

忙しいビジネスマン、大学関係者、テレビ局の方々、時間は大切ですよね。ご自身で申請していると事業や企画に間に合わないと思ったら、今すぐ私、浅井博子にお電話下さい。ドローン申請は、役所に申請してから最低でも2週間は時間が掛かります。十分余裕をもってお問い合わせ下さい。

04

いろんな行政書士と会ってから、相性の合う人に依頼したい。

女性行政書士がドローン申請?そんなイメージがあってか、たまに不安がる方もいらっしゃいますが、全然平気ですよ。申請書を作ることにかけては男女の差はありません。ですので、決め手はお客様と相性が合うかどうかです。ペットを飼っている、特に猫好きな方は私と相性ピッタリですよ。

シャローム行政書士事務所に相談すると、きっとこんないいことが!!

猫の写真

  1. 不思議とあなたの顔がほころんでいきます。
  2. 身近に気軽に相談できる専門家ができます。
  3. 猫大好き行政書士だから猫好きなお客様との相性バッチリ!!
  4. あなたの貴重な時間がグーンと節約できます。
  5. 自分で手続きする場合と比較して、面倒な手続きから相当解放されます。

シャローム行政書士事務所では、平日だけでなく、土、祝日もご相談OKです。
なにかと忙しい実業家がゆっくりご相談できるように土曜日でも日曜日でもお気軽にお話ししませんか。
その前に、まずはお気軽にお電話ください。

ドローン申請に必要な情報

ドローンの写真
  1. 許可・承認期間の予定開始日と予定終了日
  2. 法人申請は法人情報、個人申請は「氏名」「住所」
  3. ドローン保険加入の有無
  4. 事故時などの緊急連絡先
  5. 飛行予定場所の住所
  6. ドローンの機体の名称等
  7. ドローンの機体の写真
  8. 自作機の場合は取扱説明書等
  9. 事前に機体の情報が分かっていたら教えてください。
  10. 機体の改造の有無
  11. 操縦者の氏名と住所
  12. 操縦者の飛行経歴
  13. その他必要に応じて資料をお願いする場合がございます。

ドローンは未来を切り開きます

シャローム行政書士のスタッフ

シャローム行政書士事務所 行政書士 浅井博子

行政書士 浅井博子

小さい頃からなりたかったものは、ピアニストかピアノの先生、医者、天文学者、心理学者、通訳、翻訳家、作家、声優、カウンセラー、日本語教師・・・といろいろありましたが、法律家になりたいと思ったことは一度もなく、現在の職業についているのが不思議です。

きっかけは、主人が行政書士講座の説明会に某予備校に行くと言ったので、私も何気なくついて行き、無料体験レッスンに出て面白そうだと思って通い始めたことです。
合格してからも、開業するのは当分ないだろうと思っていましたが、今、こうして開業しているのも不思議です。

それまで派遣で働いていましたが、次の仕事がなかなか見つからなかったので、主人に開業しちゃったら?と言われたことです。そして、今まで出会ったお客様は、いい方ばかりで、これも不思議・・・

これからも、この仕事を通して不思議の世界(ワンダーランド)が広がっていけばいいな、と思っております。

事務所の看板猫のこまめ

事務所の看板猫のこまめ

こまめ(2007年7月(推定)生まれ、キジトラ、女の子) みんなから?まめちゃん”って言われてるけど、本名は「こまめ」って言うの。

どうしてそんな名前になったかって?それは、夏の暑い昼下がり、ご主人が車で公園の前を通りかかった時、道路側に出ていたあたしを見つけて、車を止めたの。

あたしは、まだとっても小さくて片手に乗るくらいだった。そばにいたおばちゃんが、「うちにもう猫がいて、これ以上飼えないから飼ってやって」って言ってくれたの。そしたら、パパとママがあたしを車の中に入れてくれた。あたしは、今までとっても気が張っていたんだけど、車に乗ったとたんホッとして、すぐ眠ってしまったの。

パパとママは、あたしが死んじゃったかと思ったんだって。まだとっても小さくて、目が離せなくて、「こまめ」に世話をしないといけないね、とママが言ったのがきっかけで、この名前になったんだぁ。それ以来、ここの家の子になったの。

あたしは捨て猫だったけど、パパとママに大切にされて、人間が大好きになったよ。初めて会う人にもすりすりしちゃうんだ♪~ちょっとおてんばが過ぎて叱られることもあるけど、今では、事務所のお手伝いもしてるのよ。

あたしの好物はかつお節と生のかつお、あとシーバもいいわね?好きなことは追いかけっこと寝ることかな。病院は苦手かな・・・。これからもマメちゃんをよろしくね!

事務所の看板猫のちょぼ

事務所の看板猫のちょぼ

ちょぼ(2010年9月(推定)生まれ、白猫、女の子) あたしもノラちゃんだったんだけど、マメちゃんとはちょっと違うかな。

パパとママのうちのそばで生まれて、猫ママともうひとりあたしとそっくりの兄弟と一緒だったんだけど、猫ママが兄弟をくわえてどこかに行っちゃったの。

あたしのことも迎えに来てくれると思って、ずっと待ってたんだけど、真夜中になっても来てくれなかった。雨も降ってきて寒いし、とっても心細かったの。

でも、夜中にパパがあたしをお家にいれてくれたんだ~だけど、これからどうなるのか、とっても不安だった。まめちゃんも見に来たけど、知らないお姉ちゃんだし、とても緊張したんだ~。

初め、ママはあたしのこと「シロちゃん」とか「キティちゃん」とか「雪ちゃん」とかかわいい名前で呼んでくれてたんだけど、あたしの目の上の毛が薄くて、光の加減でまゆ毛みたいに見えるから、パパがおちょぼさんのようだと言って、それ以来「ちょぼ」になっちゃったんだぁ~。

あたしはマメちゃんと違って、とっても人見知りなの。初対面の人だと、すごく緊張して固まっちゃうのよね・・・
でも、病院でもそんな調子だから、先生は診察するのが楽みたいだけど・・・

マメちゃんとは、性格が合わなくてたまにけんかしちゃうけど、ホントはマメちゃんが好きなんだよ。ついついくっつきたくなっちゃうんだけど、マメちゃんはうっとうしいみたい。

ドローン申請手続きの費用

ドローン申請手続きに係る報酬について
項目 報酬額(税抜)
≪基本料金≫
法人新規 30,000円
法人リピート 15,000円
個人新規 15,000円
個人リピート 3,000円

*法人には、同好会、講習会などグループで飛行させる団体が含まれます。

上記プラス
項目 報酬額(税抜)
許可/承認要件 3,000円/件
(第3者上空を飛行させない場合)
許可/承認要件 15,000円~
(やむを得ず第3者上空を飛行させる場合)
申請期間 1,000円/月
機体の数:既製品 3,000円/機
機体の数:改造機/自作機 5,000円/機
操縦者数 3,000円/人
飛行場所の数 2,000円(一か所につき)
飛行記録報告 3,000円/年(操縦者一人当たり)
飛行マニュアル新規作成 50,000円
飛行マニュアル改編 5,000円~
警察、自治体等の許可取得 10,000円/件

※その他特殊事情がある場合は、その都度ご相談になります。

  • 原則、ご依頼前にお見積りさせていただきご納得いただければご依頼をお受け致します。
  • 注1)上記には、交通費、出張費、手数料などの諸経費は含まれておりません。

ドローン飛行申請のご相談は初回無料相談の名古屋市のシャローム行政書士事務所へ

今すぐ電話でご相談を!